めまいと食事。食事を見直そう(食事療法・栄養学・食育)

食事療法

「食事療法」なんて書くとなんか難しい感じがしますけど、単に人間の身体は食事から栄養素を作り生きているのですから、身体に良い食事をする事により、健康な肉体を手にいれるという単純なことです。

 

そもそも「栄養学」とは食事により摂取した食物が身体の中でどのように、消化・吸収され細胞に働きかけ、体内でどう化学変化をおこし、細胞に対しどのように作用するかという「生理学」にもなっていなければいけないはずなのに、身体にとって害のある食品を、あたかも栄養豊富で体に良いもののように伝えている現状があります。

 

わかりやすく言うと、「栄養学」が「食品分析表学」になっていると言う感じですね。

 

 

昔では考えられなっかた、うつ病、自律神経失調症や、統合失調症などの精神疾患は、最近ではものすごく増えていますが、神経伝達物質(セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン)や身体を動かすさまざまな細胞は非常に小さく、繊細なものでありその分、入ってくる栄養素の成分により良くも悪くも影響される度合いが大きい為、身体にとって害のある物質が入り混むと、身体は正直に反応します。

 

逆に言うと、身体にとって良い栄養素をたくさん摂ってやると、身体は素直に反応し、健康で強い身体になってくれると言うことですね。

 

なので、治りの悪いめまいや、心因性めまいなどにも関わりの深い神経伝達などを狂わす食品などは避け、身体に良い食事をしていけば自然と、改善方向へ向かうと信じていますし、私自身もそうして治したと考えていますので普段の食事を大切にしていきましょう。

 

薬は必ずしも良いものとは考えないため、副作用のない身体に優しい物で、私が調べ、試し良かった物などをこれから載せていきたいと思います。

 

 

 

■めまいの方の体験談はコチラ■

 

 

>>正しい食材選び 1へ行く

●頭を動かすとふらつきが強くなり、倒れそうになる
●頭痛や首・肩などのコリや痛みがきつい
●人混みやスーパーなど、込み合う場所で、ふらつきが強くなる
●速い動きに目がついていかない
●頭の回転や、集中力が落ちた
●スマホやパソコン、明るい画面や空などが眩しく見るのがツラい
●原因不明や更年期、自律神経失調症などと言われたまま、何も変わらなかった
●病院や整骨院・整体・他のカイロに行ったが変化がなかった

この様な方は諦めずに、私にご相談下さい。





●トップページへ戻る